大量の汗で悩んでいるなら多汗症治療を大阪で受ける

多汗症になると、気温が高くないときや、激しい運動をしていないときでも、汗がダラダラと流れ落ちるので、洋服がべたべたして不快な気持ちになりますし、周囲の人に気付かれると、変な目で見られてしまうことがあります。

それで余計に緊張し、汗がさらに出てしまうという悪循環に陥るので、思い切って多汗症治療を大阪で受けることをおすすめします。メスで皮膚を切開されるのは怖いという方には、ボトックス注射が人気があります。



なぜ注射をすると、汗を抑えられるのかというと、ボトックスには神経の末端から分泌される、アセチルコリンという伝達物質を抑制する作用があるからです。



アセチルコリンは交感神経の末端で発汗を促す物質ですが、ボトックスを注入されると、その機能が働かなくなるので、汗の過剰発生を抑えられます。
多汗症治療を大阪のクリニックが行う際、ボトックスを皮膚に注入するのはそのためなので、本格的な手術を受けるのが嫌な方は試してみるようにしてください。

これで大量の汗を抑えることが出来れば、何の問題もなく日常生活を送れるようになりますが、この多汗症治療を大阪で受けた場合、すぐに汗が出なくなるわけではないので注意が必要です。



ボトックス注入後、大体3日〜1週間で効果があらわれるので、しばらくは待つ必要があります。痛みについては、細くて特殊な針を使用しているところが多いので、それほど気にすることはないですが、それでも注射は苦手という方は、麻酔を行うと良いでしょう。